アンコール遺跡 旅行記 準備編

アンコール・ワット 濠からの外観

アンコール遺跡 旅行記 準備編


事の始まりは2年ほど前。姉夫婦が「アンコール遺跡に興味がある」と話を振り、いいねいいねという事で、姉夫婦と私たちの夫婦でアンコール遺跡旅行を計画し始めました。

いろいろツアーなども調べましたが、結局ダイナミックパッケージで現地ガイドさんをお願いしたほうが、今回の我々のニーズに合いそうだという事で、航空券はダイナミックパッケージで購入、ホテルはオンラインサイトで予約、現地ガイドはネットで評判の良かった人に直接依頼し、すべての段取りを整えました。

しかし直前で姉夫婦にのっぴきならない事態が発生し、残念ながら参加見送りという事で、今回は我々夫婦2名で、まあロケハンがてら行ってこようという事になりました。

航空券

予約したのが早かったからか(半年以上前)、HISで全便 ANA (+ANAコードシェア便)で安く手配できました。

往路は
08:55 羽田 – 13:10 ベトナム ノイバイ
15:10 ノイバイ – 16:55 シェムリアップ

復路は
18:30 シェムリアップ  – 19:45 ベトナム タンソンニャット
23:05 タンソンニャット – 02月11日 06:45 成田

復路だけちょっと深夜便になってしまうのが残念でしたが、これで一人 71,040 円(諸税・燃油等込み)で手配できました。

申し込み後の座席指定やマイレージ番号の登録なども全部オンラインでできて非常に便利でした。HIS おススメ。

ホテル

ホテルはいろいろ迷いました。はじめての土地なので、アンコールワットから近いほうがいいのか繁華街に近いほうが良いのか、そしてその距離感もまったくわからなかったので、ひとまず繁華街にベースを構えることにしました。

いくつか候補もありましたが、今回は評判も良く広そうなセントラル スイート レジデンスを選択しました。

デラックスツイン 45 平米の部屋で、3泊 約 385ドル(1泊あたり約 14,000 円)。安~い。

まあカンボジアなので探せば 1 泊数百円とかの宿もあるけど、さすがにバックパッカーじゃないので。。。。

ビザの取得

カンボジアは入国に際しビザが必要です。ビザはオンラインでも発行できるし現地の空港でもその場で申請できるとの事でしたが、空港で行列に並ぶのも面倒くさかったのでオンラインで事前申請しました。

ただ、「カンボジア ビザ」で検索すると、代行申請だったり仲介業者だったり、いろんなリンクが出てきて、かつ、正式なカンボジア政府のウェブサイトの日本語翻訳が機械翻訳チックなので、非常に怪しいwwww

正式なカンボジア政府のビザ発行サイトhttps://evisa.gov.kh/ です。

ちゃんと国コード KH (カンボジア)の Ministry of Foreign Affairs and International Cooperation 宛に発行された 電子証明書使っています。ちなみに証明書は DigiCert でした。

また、申請には顔写真の電子データ(JPG)が必要です。申請フォームに JPG をアップロードすると、後日顔写真入りのビザが PDF でメール添付されてくるので(下図)、それを印刷して入国時に提出する運びです。なのでパスポートと同じ写真データを送ればよいと思います。

Cambodia visa sample

ちなみにビザ発行に際し一人 $36 かかります。

現地ガイド

トリップアドバイザーをはじめサイトで評価の高いチャーチさんに直接メールをしたところ、OK のお返事を頂けました。
旅程もこちらの希望とスケジュールを聞いたうえで、回る順番などを提案していただきました。

そして最終的に組み上げた事前プランがこちら。

一応、これで行って帰ってこれる形にはなりました。

撮影機材

いつもの SONY α6000 + 広角単焦点レンズ SEL16F28

そして今回は Insta360 さんも実践投入してみることにしました。


Insta360 ONE X 5.7K 360度動画 手ブレ補正機能FlowState搭載 360度カメラ CM448 【国内正規品】

というわけで出発!