RAM ディスクで超快適環境を構築

RAM ディスクで超快適環境を構築

パソコンのメモリもだいぶ安くなりました。2019 年 5 月時点で 16GB のメモリが 2 本セット(つまり 32GB)で 18,000円を切るショップもいくつかあります。

もちろん SSD も同時に安くなっているので、高速化という観点からは SSD という選択肢もありなのですが、RAM ディスクならではの特性もありますので、今回はそういった点を活かした RAM ディスクを使った快適環境の構築を解説したいと思います。

RAM ディスクを作る

まず PC に潤沢なメモリが搭載されていないと RAM ディスクは作成できません。厳密にいうと 100MB の RAM ディスクなども作ることもできますが、すぐいっぱいになりあまり意味がないというか、後述するシステムの TEMP 環境などによってはシステムが不安定になる場合もあります。

ここでは、メモリを 32GB 搭載して、RAM ディスクに 10GB 割り当てる想定で話を進めてまいります。

RAM は、PC の機種によって種類が違いますので(DDR4-2666 とか DDR3-1600 とか)、確実に適合する種類のものを購入しましょう。

PC にメモリを指して、Windows が起動したら、スタートメニューを右クリックして「システム」をクリックするとシステム情報が表示され、その中にメモリ搭載量が記載されていますので、正しく認識しているかどうかを確認しましょう。

Windows システム情報 実装RAM

RAM ディスクは ImDisk というソフトウェアをインストールして作成します。

ImDisk ダウンロードサイト

32bit と 64bit の 2 タイプがありますのでお使いの環境にあったものをダウンロードしセットアップを完了します。

セットアップが完了したら、RAM ディスクの作成を行います。スタートメニューより「RamDisk Configuration」をクリックすると以下の画面が表示されます。

ImDisk Configration Basic 画面

Size には RAM ディスクとして割り当てるメモリの量を記入します。
Allocate Memory Dynamically は「動的にメモリを割り当てる」設定でして、チェックでも非チェックでもどちらでもよいです。私はチェックをつけています。
Drive Letter は、RAM ディスクのドライブ識別になります。RAM ディスクなので R だとか、メモリだから M だとか、好みに応じてドライブ番号を選択してください。私は識別しやすいように Z ドライブに設定してます。
Launch at Windows Startup と Create TEMP Folder にはチェックを入れてください。
その後、「Set TEMP Variables..」ボタンを押します。

通常、Windows は一時フォルダとして %USERPROFILE%\AppData\Local\Temp だったり %SystemRoot%\TEMP というフォルダを使っています。実際に上記フォルダにアクセスしてみればお分かりになるかと思いますが、Temp フォルダにはゴミがたまり続けるため、あまり環境的にもよろしくありません。そこで Temp フォルダを RAM ディスクに設置してあげるのがこの画面の役割です。

Set All To: ボタンを押し、Windows の Temp フォルダを RAM ディスクに設定します。OKを 押して元の画面にもどります。

Advanced と Data タブは、現時点では設定の必要はありませんので、OK ボタンを押し画面を閉じます。

すると、「Windows の電源設定」に関しての警告が表示されます。Windows 10 の高速スタートアップが ON だと ImDisk の挙動とバッティングする場合があるとのことですので、以下の画面で「高速スタートアップ」をOFFにします。

Windows 10 高速スタートアップをOFFに

以上の状態で再起動をかけると、エクスプローラー上から RAM ドライブが設定できたことが確認できると思います。

カスタマイズ 1: ブラウザのキャッシュ

Chrome

Chrome は、デフォルトでは以下のパスをキャッシュフォルダとして利用しています。

C:\Users\%USERNAME%\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\default\Cache

こちらを RAM ディスクに変更することで、ハードディスク・SSDにゴミが溜まらずアクセスもすこぶる早いブラウズ環境を実現できます。

Chrome の起動ショートカットを編集するため、Windows エクスプローラーで以下のフォルダを開きます。

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs

スタートメニューのショートカットが格納された場所が開きますので、その中にある Google Chrome を右クリックして「プロパティ」をクリックします。

プロパティウインドウのリンク先には「”C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe”」と記載されているかと思いますが、ここに、RAM ディスクをキャッシュとして使うための引数を追加してあげます。

–disk-cache-dir=”z:\temp\chrome_cache”

つまりリンク先のボックスは “C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe” –disk-cache-dir=”z:\temp\chrome_cache” という 1 行が記載されることになります。

Chrome のスタートメニューのショートカットのプロパティ

これで OK を押しましょう。

スタートメニューから Chrome を起動すると、Chrome は RAM ディスクをキャッシュとして利用することになります。

Firefox

Firefox でキャッシュを RAM ディスクに変更する場合は、Firefox 上から操作を行います。まずFirefox を起動させてください。

アドレスバーに「 about:config 」と入力してエンターを押してください。

Firefox アドレスバーに about:config を入力

すると、「動作保証対象外」になる旨の警告ページが表示されますが、「危険性を承知の上で使用する」ボタンを押します。

Firefox 動作保証外になる旨の警告ページ

さまざまな設定値が表示された画面になりますので、画面の任意の場所で右クリックをして、コンテキストメニューから「新規作成」-「文字列」をクリックします。

Forefox about:config 新規作成

ダイアログボックスには「 browser.cache.disk.parent_directory 」と入力します。

Firefox 新しい文字列の設定名

文字列には、RAM ディスク上のキャッシュのパスを記述します。

Firefox 新規構成の文字列

以上で OK を押し、Firefox を再起動します。すると、RAM ディスクをキャッシュとする設定になります。

確認方法として、先ほど同様、アドレスバーに about:cache と入力してみます。するとキャッシュに関する情報が表示され、そこでキャッシュの保存先のパスを確認することができます。

Firefox about:cache